トップ >  新小学1年 年長までにしておくしつけは? > 【新小学1年】年長までにしておかなければならないしつけって?

※ここにソースを貼り付けてください

【新小学1年】年長までにしておかなければならないしつけって?

これから新小学1年生を迎えるお子さんを持つ
家庭にとっては、年長さんまでにしておかなければ
しつけについて心配を覚えている方も
多いことでしょう。

それでは、年長までにしておかなければならない
ことや注意点をまとめてみました。


★ しっかり伝えることが大事


子供のしつけ
で重要なのは三歳までとよく言われるのは
「三つ子の魂百まで」と言う言葉からきています。


しつけが大事と言われると参考にしたいのが育児書などですが、
子供の育児、しつけに関する書籍はたくさん出版されているので、
どれを参考にしたらいいのか、
どんなしつけが正しいのか判断に迷いますよね。

それにたくさんの育児書があるということは
それだけ育児の方法があるということですし、
家庭によってもしつけに関して違いがあると思います。


幼稚園や保育園に入園する年齢になると
いろんなことをするので
全てがいいことばかりではありません。


例えば、親の髪の毛を引っ張ったり、叩いてみたり、
紙以外のところに落書きしてみたり・・・

・ 親がやってほしくない事をやったり覚えてきたりします


やってはいけないことをしたときは、
本当にやってはいけないという事を
しっかりと伝える事が大事です。


★ 親の反応を見ていることも


子供はやってはいけないことをやりますが、
このような行動は、子供はどこまでやっても大丈夫なのかな?と
お母さんの反応を窺がっていることもあります


ですから、もし子供がいけないことをしたら
いけないと言ってあげないと子供がどの行動が
いけないのかわからなくなってしまうのです。

ですが、強くダメ!と何でも言ってしまうのはよくありません。


子供の心はデリケートなので「お母さんに否定された」
「お母さんは自分のことを愛してない」などと
思ってしまうことがあります。

子供がいけないことをしたときは、注意する事も大事ですが、
なぜやったのかを聞いてあげることも大事なのです

子供の場合、お母さんに構って欲しくて
わざと怒られるような事をしてしまうこともあります

また、ただ単に大人の真似をしたかっただけかもしれません。

注意する時、感情的になるのではなく
気長に繰り返し教えていきましょう。

年長さんの最低限しておくべき”しつけ”は、

・挨拶の仕方や食事に関するマナー
・トイレの使い方、
・お友達に乱暴な事をしない、
・バスや電車、お店など公共の場でうるさくしない

などはしっかり”しつけ”として教えておきましょう。

この記事のカテゴリーは「 新小学1年 年長までにしておくしつけは?」です。
新小学1年 年長までにしておくしつけは? そんな疑問に回答しています。
関連記事

【新小学1年】年長までにしておかなければならないしつけって?

これから新小学1年生を迎えるお子さんを持つ 家庭にとっては、年長さんまでにしてお...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「」です。2012年03月02日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「」です。2011年09月06日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「」です。2011年08月20日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「」です。2011年08月18日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索