トップ >  新小学1年 ランドセルの選び方は? > 新小学1年生 ランドセルの選び方は?【色や使い勝手など考えて】

※ここにソースを貼り付けてください

新小学1年生 ランドセルの選び方は?【色や使い勝手など考えて】

次の年の春に子供が小学校に入学する場合、
実家の祖父母が孫へのお祝いとしてランドセルを
買って上げることが多く、それはお盆の帰省のときが多いそうです。

夏休みを境にランドセルのCMが
増えるのはそのためです。

お盆前までにランドセルに関しての子供の好みは
聞いておいてあげた方がそのときになって
慌てなくて済みそうです。

ただ、6年間という長い間使うものですから、
子供の好みをそのまま聞いてあげたいのは
やまやまでしょうがそれはちょっと考えた方が良さそうです。

親がある程度のことは決めてあげることも
大切なのです。

例えば背負っていて、子供本人の負担になるようなら
本人が気に入ってていても気をつけてあげなければ
なりません。

これはとても大切ですね。

今の1年生の学校の荷物は教科書やノートを合わせると
親が驚くほど重い荷物になります。

それをランドセルに入れて登校するのです。
教科書やノートだけではありません。

体操服や給食袋も加わります。
1年生の頃は本当に大変なのです。

通学の距離が遠い子供は、肩がに負担がかかります。
肩を痛がるというケースも多いようです。

ランドセルは丈夫な方が良いからと重さを考えないで
購入すると大変です。

子供の負担を考えると軽いものを選ぶことが大切です。

肩ベルトはどうでしょう。
ちゃんと調節できるようになっているでしょうか?

子供は6年間で随分成長しますから、
肩ベルトは必ず伸ばせるようになっていないと不便です。

色はどうでしょう。意外に大切ですよ。

今のランドセルは色が多様ですが、
あまり個性的すぎる色は考えものです。

例えば女の子はピンクが好きで
ピンク色のランドセルを望んだとしましょう。

低学年の頃はそれもかわいいですし本人も喜びますが、
高学年になってくると本人が恥ずかしくなってきて
使うのを嫌がることもあるようです。

親が見て6年間を通して使えないような色は
やめた方が無難でしょう。

この記事のカテゴリーは「 新小学1年 ランドセルの選び方は?」です。
新小学1年 ランドセルの選び方は? そんな疑問に回答しています。
関連記事

新小学1年生 ランドセルの選び方は?【色や使い勝手など考えて】

次の年の春に子供が小学校に入学する場合、 実家の祖父母が孫へのお祝いとしてランド...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「 新小学1年 ランドセルの選び方は?」です。2012年03月08日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「 新小学1年 ママ友との付き合いが面倒?付き合い方って?」です。2012年03月02日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「 新小学1年 年長の子供の学習注意点は?」です。2011年10月06日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「 新小学1年 年長の間でしておきたい習いごとは?」です。2011年09月06日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索